鹿の日記

お菓子好きデザイナーのブログです。人気のお菓子や実際に食べて美味しかったお菓子を主にアップしています。敬称略ですが、書いているときは心の中で「さん」づけしてます。

※ 当ブログにはプロモーションが含まれています

【実食レビュー】「飲むフリスク」こと「FRISK SPARKLING(フリスク スパークリング)」。もともとは「飲むフリスク」をめざしてつくっていたわけではないそうです

2024/07/14 X投稿「まずい」に驚異2300万バズ 飲むフリスクに賛否両論の声(日経クロストレンド) - Yahoo!ニュース のリンクと追記をしました

 

お菓子を紹介しているブログですが、嗜好品ということで今回は飲料をアップしております。

2024年5月27日(月)に登場した、新発売!飲むフリスクこと、「フリスク スパークリング」。

ブランドサイトです → https://www.dydo.co.jp/FRISKSPARKLING/

「体感せよ。驚きの清涼感。」と書いてあります。

フリスクがまぁまぁ好きな自分としては、「すぐに欲しい!!」と思い、自販機などを見回ってたのですが、1週間くらい前(6/11)にコンビニに普通に売ってました。

購入して満足してしまい飲んでなかったのですが、飲んでみました。

飲む前にXをみてみると「飲むフリスク」は、酷評ばかりです…。

何も知らずに飲んだ方が良かったのか、ハードルを低くして飲めるので良かったと思うべきなのか。

 

 

先日、Yahoo!ニュースでも記事がでていましたのでそのリンクです。
開発秘話などは飲んだ後で知りました。

news.yahoo.co.jp

こちらの記事によると、もともと「飲むフリスク」ありきで開発したわけではないそうです。

コロナ禍の心理ストレスに焦点を当て、心の疲労やストレスに働きかけるリフレッシュ飲料の開発を目指したのだ。

とのことで、飛び道具のような「飲むフリスク」という発想は後から加わったようです。

 

缶のサイズ:直径5.3cm×高さ13.2cm ※サイズは約です

価格:税込197円 ※コンビニでの価格です

カロリー:1本250mlあたり4kcal
シュガーレスの飲料です。

 

グラスにそそいでみました。
飲んでみます。

ごくっ…

すごいスース―する!

缶に「続く清涼感」と書いてあるだけあります。ずっとスース―します。

味はフリスク!フリスクに炭酸を足した感じ。これは、フリスクを食べた方がい…。

いや、フリスクは炭酸の爽快感と冷たいわけじゃないから、一気に流し込むならこっちの方がいいのかな。

この味は、かなり人を選ぶ気がします。

好きな人は好きな味。

「美味しいか」と言われると…。大体みなさんの感想通りだと思います。

ただ、この飲料だけで終わらずに、飲むフリスクを「何かと割る」「何かと混ぜる」「何かにかける」といった活用方法で驚くほど美味しいものが出来上がりそうな可能性もあるかもしれません。今までにない飲料だけに未知の分野なのではないかと思います。

 

先に紹介した X投稿「まずい」に驚異2300万バズ 飲むフリスクに賛否両論の声(日経クロストレンド) - Yahoo!ニュース によれば、ダイドーのマーケティング部部長さんは、

「冷涼感や刺激を求める人にはぴったりな飲料だと自負しているが、求めていない人の間では好みが分かれるのは当然だろう」

ただ、良くも悪くも消費者の話題に上がれば、「FRISK SPARKLINGを求めている人に届く可能性が広がる」と前向きだ。

とのことですので、「暑い夏に向けてまだまだこれから」。といった感じなのではないかと思います。